とりあえずタイトル変わってます。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< キッチンレプス9月 | main | 10月のレッスン日程・確定いたしました。 >>
【予告】10月のレッスンについて

おはようございます。



お菓子とパンの学校サンカントのmisaoです^^



9月も後半になりました。



すっかり遅くなりましたが、10月レッスンのご案内です。



遅すぎて本当にごめんなさい。



まず、さんざん「ミルフィーユです^^」と言い続けておりましたが、ミルフィーユじゃありません。



ミルフィーユ詐欺ですね。。



試作しているうちに使いたい材料ができてしまって、その材料、出回るのが11月頃なんです(>_<)



なので、また1ヵ月の延期です。



待っていて下さった皆様にお詫び申し上げます。



***



もうひとつ。



10月は通常のホシノ天然酵母パン教室はお休みとなります。



メニューの一つをクグロフにしました。



マリーアントワネットの愛したお菓子ですね^^



発酵させて作るので、パン教室の方でもいいのかなーと思っていたのですが、試作して改めて食べてみると、やっぱりクグロフはお菓子でした。



なので、10月は2メニューとも【お菓子教室】ということになります。


そのうちの一つクグロフは【発酵菓子教室】ですね^^


では、メニューのご紹介です。


まずは通常の【お菓子教室】


お題は、キャラメル林檎のフラン。


こちら、カット面^^


中にキャラメリゼしたリンゴを詰めます。


パートブリゼという、塩味のタルト生地にカスタードを詰め込んだ素朴なお菓子です。


ほっくりと温かみがあって、大好きです。


冷やしても美味しいのですが、熱々にバニラアイスなんて素敵!

地味な写真しかなくてスミマセン。


15cmくらいのサイズでお一人一台、ご自身で作ってお持ち帰りです。


ランチは、パートブリゼを使ったものにしたいので、キッシュです^^


普段サンカントで販売しているものより、薄めの通常タイプのキッシュとでも言いましょうか。


違うのは、ランチメニューならではの具材にしようと思っております。


テイクアウト用では使えないような素材を!


キッシュの方もご期待下さいね。


キッシュは焼き上げて、ランチで召し上がって頂くのでお持ち帰りはございません。


続いて、【発酵菓子教室】


お題は、マリーアントワネットの愛したクグロフ

こちらも直径15センチほどになります。


バターたっぷりでリッチ。でも軽くて爽やかです^^


中にはラムレーズンとオレンジピールが入っております。


翌日以降、スライスしてトースターで焼いて、バターを塗って食べるのが大好きです。


はい、追いバターです(笑)

上からみたクグロフ。

カットしたクグロフ。


さて、私、発酵菓子と申しました。


間違いなく申しましたよ。


今回はドライイーストを使用して作ります。


かなり、古典的な作り方です^^


まず、種を作って、お湯にダイブさせます。

あ、ダイブは嘘です。


そーっとお願いします。

プカーッと浮いてきたら、クグロフ作りスタート!


こんな古臭い方法、最近しないと思うんです(^-^;


だからこそ新鮮かなーと思います。


パンも発酵菓子も、混ぜて膨らんだら焼く。


それがパンだと思います。


とっても単純な考えなんだけど、なんとなくそれが複雑なものにされちゃってる感があります。


確かにパンというか発酵は化学なんだけど、難しくて高尚なものってわけじゃないと思うんです。


どちらかというと、おばあちゃんの知恵袋的な化学なんじゃないかなー。


身近でシンプルで、何百年も続いてきた知恵。


そういうのって素敵^^


こちらのランチはウィーン的なものを考えております!


日程ですが、土曜・日曜・月曜・金曜の夜を中心に組ませて頂こうと思います。


前半が【キャラメル林檎のフラン】


後半が【マリーアントワネットの愛したクグロフ】


日程の詳細は週末までお待ちいただけると幸いです。


募集は、9月29日月曜日の21時を予定しております。


いちばん最初のレッスンは、10月4日の土曜日です。


日程を確定次第、またすぐにブログUPいたしますね。


私の都合でいつもお待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。


それでは、10月も皆様にお会いできることを楽しみにしております☆


サンカント こいずみみさお。


スポンサーサイト
COMMENT